読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある京大生の

独断と偏見

商品の価値とは

こないだベトナムにいったとき感じた違和感.

多くの店で値札が貼られていない.

そこで「いくら?」と聞くと

「いくらなら買う?」と返してきます.

そこから値段交渉に入るわけです.

彼らは人,主に国籍に応じて値段を変えていました.

日本人なら10ドル,アメリカ人なら5ドルというように.

その時は人によって値段を変えるなんてとんでもない

とおもいましたが

あとから考えてみると,すごく理にかなっていることに気づきました.

元来,同じ商品でも人によって物の価値は変わるのです.

ただの水でも喉の乾いてる人には水は高く売れます.

ごく自然なことなんです.

彼らはそれを国籍で大まかに分類しているにすぎません.

もしその値段に納得しなければ買わなければいいのです.

ここで商品の値段の決め方には2通りあることに

気づきました.

1つは材料費,人件費を計算し,

これくらいの利益は見込みたい,と商品の値段を決める方法.

2つ目は,消費者にとってこれくらいの価値があるだろう

と推定して商品の値段を決める方法.

僕のアタマの中ではすっかり2が抜け落ちていました.

当たり前のようで

思わぬことに気づかされたベトナム旅行でした.